タミフルさらに怖〜!!:今日もやる気だ!波波ワード☆


タミフルさらに怖〜!!

タミフル騒動、まだ続きますね(>_<)


タミフルを飲んで異常行動を起こした9歳の女の子がインフルエンザ陰性だったことが発覚しました。

 インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後に家を飛び出そうとするなどの異常行動を起こした女の子が、その後の検査でインフルエンザではないとの結果が出たことが28日に分かったそうです。
こうした患者が明らかになるのは初めてで、タミフル服用後の異常行動の原因はインフルエンザ脳症ではないかとの指摘がある中、タミフルの影響を示す例として注目されそう、らしい。

 女児は9歳だった昨年3月、近くの開業医を受診した。39度の発熱で風邪と診断されものの、家族の要望でタミフルや解熱剤などを処方されたそうです

 その日の夜、女の子はタミフルを服用した後に就寝したが、2、3時間後に目覚め、叫んで家の外へ飛び出そうとしました。家族が体を押さえ、異常は5分ほどでおさまったといいます。

 約1時間後に同小児病院を受診、意識ははっきりとしており、受け答えも正常。インフルエンザの迅速診断キットで検査したところ、結果は陰性だったそうです。さらに、のどの粘液と血液を採取し、東京都健康安全研究センターに検査を依頼しましたが、女の子からインフルエンザウイルスは検出されませんでした。

 小児病院受診時の女の子の体温は36.8度。異常行動から約1時間で熱が急に下がるとは考えにくく、原因が高熱だった可能性は薄いといいます。てんかん発作が原因とも考えられますが、1年後の今もてんかんの症状はなく、女の子はてんかんではないとみられています。

 このため、女の子を診察した医師は「女児の異常行動は、タミフルの影響ではないか」と指摘しています。一方で「タミフル発売前にインフルエンザで39度の熱を出し、2階から飛び降りた男子小学生も知っている。タミフルで起きる異常行動と、インフルエンザで起きる異常行動の両方があるのではないか。少なくとも、インフルエンザと診断されないのにタミフルを服用するのは避けてほしい」と話していました。



でも、私が見つけたブログさんで書いてあったけど、
何でもかんでもわかりやすく結びつけたら有効な薬まで「使用不可」になってしまうんだそうです。

ーーー以下引用ーーー
薬は諸刃の剣です。副作用のない薬はありません。リスクとベネフィットを天秤にかけて処方するものです。

かつてユースビル(ソリブジン)という極めて優れた抗ウイルス薬が発売されましたが、抗がん剤との併用で死亡例が相次ぎ、発売中止になってしまいました。
最近ではイレッサ(ゲフィチニブ)が同じ道をたどりそうな感じです。

イレッサもタミフルも極めて重要な薬です。医師と患者の判断で、使う道を残してほしいものです。

(無断ですごめんなさい!!!)


傾く天秤でも、やっぱり必要なときは沢山あると思います。
「危険だから排除しなければならない」、
「危険かもしれないから排除するべきだ」
という考え方こそ、より大きな危険を呼び寄せてしまうのかもしれません。
何事においても。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。