かるかんって、かるかんって、カルカンじゃないの!?:今日もやる気だ!波波ワード☆


かるかんって、かるかんって、カルカンじゃないの!?

 

かるかんというすばらしいものをよく知らなかった・・・なんてもの知らずっぷりを発揮してしまった(-_-;)

 

[かるかんとはなんぞや]
かるかん=軽羹。鹿児島県特産の和菓子。
米の粉、砂糖、水という原料に山芋を加えて蒸し、弾力性のある半スポンジ状に仕上げたもの。白色。
その原型は江戸時代にすでに作られていたと言う。
一説には島津斉彬が江戸から招聘した菓子職人によって考案されたとも言われる。
また、鹿児島県には「ふくれ菓子」と言われる黒砂糖、小麦粉、重曹を用いた一種の蒸しパンが古くから有り、この菓子が参考とされたとも言われる。

名前の由来は「軽い羹」という意味からである。(←この説明なんかものっすごいそのままじゃありませんか!?)
本来は本来は棹物菓子であるが、近年は饅頭状として餡を仕込んだ「かるかんまんじゅう」が一般的になっている。

鹿児島県内の菓子舗の多くで作られている。
以前は県外で同様な菓子は見られず、極めて特異な存在であったが、最近は関東や関西でも生菓子の一種類として使われる様になっている。

 


鹿児島の皆さんごめんなさい!

そしてかるかん及びかるかん饅頭ファンの皆様ごめんなさい!!


謝罪会見でした〜m(__)m

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。